クリックして画像を拡大
白山信仰と能面

白山信仰と能面

書名 : 白山信仰と能面
編著者 : 曽我 孝司
価格 : 2,808 円
初版年月日 : 2003/12/24
ISBNコード : 9784639018278
在庫状況 : 在庫あり
  • 数量:

この商品に関するお問い合わせ

体裁

183p / 19cm / B6判
並製・カバー

内容紹介

白山麓の石川、福井、岐阜には平安時代後期頃から白山信仰が広がり、多くの白山神社が勧請された。
これらの白山神社で受け継がれてきた能面を紹介し、検討する。

著者紹介

曽我孝司 [ソガタカシ] 昭和24年、岐阜県に生まれる。昭和48年、早稲田大学第一文学部卒業。岐阜県立高等学校の教員となり、加納高校、岐阜県博物館、岐阜県図書館等を経て現在岐阜高校に勤務。平成10年度岐阜県博物館企画展「能面への誘い?白山麓から」の企画・図録執筆を担当。芸能学会会員、東海能楽研究会会員

目次

第1章 白山への祈り
第2章 白山麓の「式三番」
第3章 猿楽座と能面
第4章 戦国武将と猿楽
第5章 集落の神事能
第6章 白山信仰と能面
第7章 白山信仰と泰澄
第8章 演能の面影と能面
第9章 謡曲にみる白山信仰

購入者レビュー

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

ページトップへ戻る