クリックして画像を拡大
季刊考古学別冊14号 畿内の巨大古墳とその時代

季刊考古学別冊14号 畿内の巨大古墳とその時代

書名 : 季刊考古学別冊14号 畿内の巨大古墳とその時代
編著者 : 広瀬 和雄
価格 : 2,700 円
初版年月日 : 2004/12/22
ISBNコード : 9784639018704
シリーズ名 : 季刊考古学 別冊
在庫状況 : 在庫あり
  • 数量:
シリーズ一覧

この商品に関するお問い合わせ

体裁

120p / 26cm / B5判
並製

著者紹介

広瀬和雄 [ヒロセカズオ] 国立歴史民俗博物館教授

目次

前方後円墳と群集墳と終末期古墳(畿内五大古墳群の諸相;天皇陵古墳の実像;初期群集墳と大型群集墳―とくに大和を中心として;巨石墳と横口式石槨)
威信財と権力財の集積(三角縁神獣鏡の配布;埴輪の成立と展開;武器・武具と鉄器生産)
生活と生産の実相(中央氏族の本拠とその構造―「居館」論を見直す;陶邑と須恵器生産;大阪湾沿岸の古墳時代土器製塩)

購入者レビュー

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

ページトップへ戻る