クリックして画像を拡大
近世漆器の産業技術と構造

近世漆器の産業技術と構造

書名 : 近世漆器の産業技術と構造
編著者 : 北野 信彦
価格 : 5,400 円
初版年月日 : 2005/10/20
ISBNコード : 9784639019053
在庫状況 : 在庫あり
  • 数量:

この商品に関するお問い合わせ

体裁

276p / 21cm / A5判
上製・カバー

内容紹介

江戸・京都・大坂・仙台・名古屋・金沢など、近世の一般的な消費地遺跡から大量に検出される出土資料「漆器」、当時の生活什器であった飲食器を中心に漆器そのものが持つ情報、とりわけ材質・技法などの生産技術の組成過程と、これらを生産していた漆器産業との関連性を考察し、さらに産業構造や体制などの在り方に一考を試みる。

著者紹介

北野信彦 [キタノノブヒコ] 1959年名古屋市に生まれる。1982年愛知大学文学部史学科卒業。(財)元興寺文化財研究所保存科学センター主任研究員を経て、現在くらしき作陽大学食文化学部助教授。博士(学術・史学)

目次

第1章 緒論(本書の目的と方法;本書の構成)
第2章 近世漆器の生産技術(ろくろ挽き技術(用材利用)
上塗り漆の製法 ほか)
第3章 近世漆器産業の体制と沿革
第4章 各漆器産生地の技術と沿革(木曽漆器;輪島塗 ほか)
第5章 近世漆器の流通に関する調査(アムール川下流域における和製漆器の調査)

購入者レビュー

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

ページトップへ戻る