クリックして画像を拡大
新版 史疑 徳川家康

新版 史疑 徳川家康

書名 : 新版 史疑 徳川家康
編著者 : 榛葉 英治
価格 : 2,592 円
初版年月日 : 2008/07/25
ISBNコード : 9784639020417
在庫状況 : 在庫あり
  • 数量:

この商品に関するお問い合わせ

体裁

238p / 19cm / B6判
上製

内容紹介

明治後期、徳川家康の謎を追った村岡素一郎の著作『史疑徳川家康事蹟』闇に葬られた書物に六十年ぶりに光をあてた外孫の直木賞作家・榛葉英治初版以来多くの作家に影響を与え続けた名著がより読みやすくなって復活。
戦国ファン待望の「新版」刊行。

著者紹介

榛葉英治 [シンバエイジ] 大正元年(1912)、静岡県に生まれる。昭和11年(1936)早稲田大学英文科卒業。昭和33年(1958)『赤い雪』で第39回直木賞受賞。平成11年(1999)2月逝去

目次

第1部 村岡素一郎原著「史疑徳川家康事蹟」現代文訳(家康の出生についての疑惑;家康の幼時、駿府の住居地と祖母尼公の身分;家康の誕生と、その父母の身分;家康、幼少期の境遇と、その修業;家康、活動の初期と親族故旧がうけた災厄;家康の飛躍、奮斗;家康の大活躍;家康と、岡崎三郎信康および築山殿との関係;家康の性格)
第2部 解説篇(「史疑」と村岡素一郎;「史疑」の旧蹟を訪ねる;「史疑」のもつ歴史観;村岡素一郎の生涯)

購入者レビュー

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

ページトップへ戻る