クリックして画像を拡大
博物館危機の時代

博物館危機の時代

書名 : 博物館危機の時代
編著者 : 辻 秀人
価格 : 3,024 円
初版年月日 : 2012/10/10
ISBNコード : 9784639022428
在庫状況 : 在庫あり
  • 数量:

この商品に関するお問い合わせ

体裁

233p / 21cm / A5判
並製・カバー

内容紹介

厳しい社会情勢の中、博物館が社会に果たす役割、学芸員が担う職務を再考する。
危機的状況の実際、その背景にある財政・制度・人員削減の実状、学芸員をとりまく環境、学芸員養成の問題点等、これまで積極的には伝えられなかった問題を取り上げる。

著者紹介

辻秀人 [ツジヒデト] 現職:東北学院大学文学部教授、東北学院大学博物館館長。1950年北海道生まれ。東北大学文学部卒業、考古学専攻。東北大学大学院文学研究科博士課程前期修了、文学修士。東北大学大学院文学研究科博士課程後期単位取得満期退学。1979年4月より7年間福島県立博物館建設準備に従事し、1986年福島県立博物館設立とともに博物館学芸員として、6年間博物館運営の実務を担当。1992年以降現在に至るまで、東北学院大学にて20年間学芸員養成課程を担当。2008年より東北学院大学博物館設立の実務にあたり、2009年開館とともに館長に就任

目次

第1章 博物館の危機(二〇一〇年に起こった日本博物館事情―大阪府立博物館群の存続をめぐって;新潟市美術館の展示環境問題)
第2章 変わりゆく博物館(学芸員から見た博物館の現状―川崎市市民ミュージアムを事例として;逼迫する博物館財政;地方公立博物館の苦境;指定管理者制度と変質する博物館)
第3章 学芸員をとりまく環境の変化(高度博物館学教育に至る経緯と実践;埼玉県博物館ネットワークの現状と課題;指定管理者制度と学芸員)
終章 博物館の危機は何を招くか(博物館の異変;困窮する博物館;博物館の危機は何を招くか)

購入者レビュー

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

ページトップへ戻る