• ホーム
  • 編著者
  • た行
  • 竹花 和晴
  • 【6/25発売予定】ユーラシア考古学選書 グラヴェット文化のヴィーナスの像―旧石器時代最大の美と知のネットワーク―
クリックして画像を拡大
【6/25発売予定】ユーラシア考古学選書 グラヴェット文化のヴィーナスの像―旧石器時代最大の美と知のネットワーク―

【6/25発売予定】ユーラシア考古学選書 グラヴェット文化のヴィーナスの像―旧石器時代最大の美と知のネットワーク―

書名 : 【6/25発売予定】ユーラシア考古学選書 グラヴェット文化のヴィーナスの像―旧石器時代最大の美と知のネットワーク―
編著者 : 竹花 和晴
価格 : 4,860 円
初版年月日 : 2018/6/25
ISBNコード : 9784639025795
シリーズ名 : ユーラシア考古学選書
在庫状況 : ご予約受付中
  • 数量:
シリーズ一覧

この商品に関するお問い合わせ

体裁

21.5cm/A5判上製・カバー/248頁

内容紹介

イベリア半島から西シベリアに至る広大な地域でつくられたヴィーナスが象徴する、グラヴェット文化の美と知のネットワークを探る!
西ヨーロッパ:ロージュリ・バッスのいわゆる「最初のヴィーナス」、グリマルディのヴィーナス、…
東ヨーロッパ:アヴディヴィォのヴィーナス、コスティエンキのヴィーナス、…
西シベリア:ブレチのヴィーナス、マリタのヴィーナス、…

著者紹介

竹花和晴(たけはな かずはる Kazuharu Takehana)
1954年、岩手県九戸郡軽米町生まれ。
人類古生物学研究所(Institut de Paléontologie Humaine)・仏国立自然史博物館(Muséum Nationald’Histoire Naturelle)、修士課程(DEA)修了(1986年)。
人類古生物学研究所(Institut de Paléontologie Humaine)・仏国立自然史博物館、統一博士課程修了(1991年)。
仏大学省認定・自然史博物館博士号取得(先史学・地質学・古生物;1992年)、理学博士(先史学)。
人類古生物学研究所・通信会員(2014年より)。
《主要著書》
「ラスコー洞窟」『世界の遺産100』朝日ワンデーマガジン、1995年。
「アシュール文化集団の生活様式と行動を解明する一つの独自なアプローチ、探求すべき一遺跡.テラマタ遺跡のアシュール文化集団の居住面層」、『テラマタ遺跡、フランス・アルプマリティム県ニース市―テラマタ遺跡のアシュール文化狩猟集団の居住面の詳細と考古学的堆積物の分層化―』、第Ⅲ巻、リュムレイH. de 監修、仏国立科学調査センター出版、パリ、pp.463-464、477p.(全編仏語)2013年。「学際的研究による更新世中期における南ヨーロッパのアシュール文化集団の生活様式と行動を探求すべき一遺跡」、『テラマタ遺跡、フランス・アルプマリティム県ニース市―テラマタ遺跡のアシュール文化狩猟集団の生活様式と行動―』、第V巻、リュムレイH. de 監修、仏国立科学調査センター出版、パリ、p.407、536p.(全編仏語)2016 年。
Whale hunting of the Ainu and the prehistoric tradition, The Whale on the Rock.,( ed. : Ulsan PetroglyphMuseum), Ulsan Petroglyph Museum, Ulsan, Republic of Korea, pp.123-136, 303p.(全編英語)2017年。
「グラヴェット文化におけるヴィーナス様式の研究」『旧石器時代の知恵と技術』雄山閣、2017 年。

目次

序章 グラヴェット文化の概要
 プロローグ/1 研究史/2 地理的な分布/3 古環境/4 石器文化/5 住居遺構と生活様式/6 芸術的表現/7 代表的遺跡/8 人類学上の資料/エピローグ
第1章 グラヴェット文化のヴィーナスの様式、特に西ヨーロッパの研究
 はじめに
 第1節 総論
  (1)研究の歴史
  (2)後期旧石器時代前半の古気候
   1 オーリニャック文化期/2 グラヴェット文化期
  (3)文化編年上の位置
  (4)ヴィーナスの像誕生の背景
 第2節 西ヨーロッパのヴィーナスの像
  はじめに/1 最初のいわゆる「ヴィーナスの像」/2 最初のグラヴェット文化の小像/3 ブラッサンプーイの多様な小像群/4 南ヨーロッパの典型的ヴィーナスの像/5 ヴィーナスの様式における“傑作”/6 新たに発見されたヴィーナスの像/7 マドレーヌ文化のヴィーナス/8 人像様の最も古い動産芸術/9 パトー岩陰の浅浮き彫り/10 シィリューイーユのヴィーナスの像/11 チュルサックのヴィーナスの像/12 ローセルの浅浮き彫り像/13 テルム・ピアラの浅浮き彫り画/14 畑の中で発見されたヴィーナスの像/15 サヴィニャーノのヴィーナス/16 キオッツアの小像/17 ルナンクールⅠ開地のヴィーナスの像  第3節 西ヨーロッパのヴィーナスの像群の特徴
  はじめに/1 材料/2 像のサイズ/3 頭部の形/4 顔の表現/5 胸部の表現/6 上半身の均整/7 腹部の表現/8 臀部の表現/9 最大幅の位置/10 下半身末端の特徴/11 下半身の均整/12 妊娠の特徴/13 表現上のタイプ/14 人物描写の特徴/15 身体以外の表現
 結論
第2章 中部ヨーロッパにおける後期旧石器文化のヴィーナスの様式
 はじめに
 第1節 「ヴィーナスの様式」の背景と位置づけ
  はじめに
 (1)西ヨーロッパの研究史
 (2)中部ヨーロッパの研究
 (3)後期旧石器時代前半の古気候
  1 前段のオーリニャック文化/2 グラヴェット文化期
 (4)ヴィーナスの様式における文化編年上の位置
 (5)ヴィーナスの様式が生まれる背景
 第2節 中部ヨーロッパで発見されたヴィーナス像
 (1)関連遺跡と「ヴィーナスの様式」
  1 ヴィレンドルフ開地の「ヴィーナスの像」/2 ワインベルグのヴィーナスの像/3 リンゼンベルグのヴィーナスの像/4 ガイセンクラステルレの人物像/5 フォゲルヘルドのヒト形の像/6 ホーレンシュタインの擬人像/7 ホーレ・フェルス洞窟の最古のヴィーナスの像/8 ドルニ・ヴェストニツェ開地における一群の「ヴィーナス」/9 パヴロフ開地の「ヴィーナスの像」/10 ペトルコヴィツェの「ヴィーナスの像」/11 ブルノⅡのヒトの像/12 プレドゥモストのヴィーナスの像/13 モラヴァニーの「ヴィーナス」  第3節 中部ヨーロッパにおける「ヴィーナスの様式」の分析
 (1)中部ヨーロッパのヴィーナスの像群の特徴
  1 材料/2 サイズ/3 頭部の形/4 頭髪の表現/5 顔部の表現/6 頭と顔の有無/7 身体に対する頭部の均整/8 胸部の表現/9 上半身の均整/10 腹部の表現/11 臀部の表現/12 最大幅の位置/13 下半身末端の特徴/14 下半身の均整/15 妊娠の特徴/16 表現の特徴/17 身体以外で表現されているもの/18 「ヴィーナスの像」の帰属時期
 結論
第3章 東ヨーロッパ大平原に展開した「ヴィーナス像の様式」
 はじめに
 第1節 東ヨーロッパの「ヴィーナス」
 (1)背景をなす地理的空間
 (2)研究の歴史
 (3)後期旧石器時代前半の古気候
 (4)「ヴィーナスの像」の編年上の位置
 (5)ヴィーナスの様式が生まれる背景
 第2節 東ヨーロッパのヴィーナスの像
 はじめに
 (1)モロドヴァⅤ開地のヴィーナスの像
 (2)アヴディエヴォのヴィーナスの像群
 (3)ガガリノのヴィーナスの像群
 (4)ポリヤコフ遺跡のヴィーナスの像群
 (5)コスティエンキⅧのヴィーナスの像
 (6)エリセエヴィッチのヴィーナスの像
 第3節 総論と比較
 (1)東ヨーロッパ大平原
  1 頭部の表現/2 頭髪/3 顔の具象性/4 妊娠の特徴/5 胸部の特徴/6 身体中央部/7 足部の表現/8 下半身の縮約性/9 複合的な表現/10 像の大きさ/11 身体のプロポーション
 結論
第4章 グラヴェット文化の「ヴィーナスの様式」、特に西シベリア地域の研究
 はじめに
 第1節 西シベリアの「ヴィーナスの像」
 (1)背景をなす地理的空間
 (2)研究の歴史
  1 隣接地域の研究/2 シベリア
 (3)後期旧石器時代前半の古気候
  1 オーリニャック文化期/2 グラヴェット文化期
 (4)「ヴィーナスの像」の編年上の位置
 (5)ヴィーナスの様式が生まれる背景
 (6)シベリアのヴィーナスの像群
  1 ブレチのヴィーナスの像/2 マリタのヴィーナスの像
 第2節 比較・総論
  はじめに
 (1)身体の表現
  1 頭部表現/2 頭髪/3 顔の表現/4 腹部/5 胸部/6 身体中央/7 身体下端/8 下端の縮約
 (2)複合的な表現
  1 身体の総合的特徴/2 彫像の大きさ/3 均整
 結論
終章 結論

引用参考文論/欧文要約/あとがき/[追記・初出について]

購入者レビュー

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

ページトップへ戻る