クリックして画像を拡大
日本古代の氏と系譜

日本古代の氏と系譜

書名 : 日本古代の氏と系譜
編著者 : 篠川 賢
価格 : 8,424 円
初版年月日 : 2019/3/25
ISBNコード : 9784639026358
在庫状況 : 在庫あり
  • 数量:

この商品に関するお問い合わせ

体裁

22cm/A5判並製・カバー/256頁

内容紹介

日本古代の氏はいかなる性格を持つ集団なのか。
各氏の称する系譜は、王権のもとにまとめられた系譜体系といかに関わっているのか。
それらは、時代とともにどのように変容するのか。
共通の問題意識を踏まえ、気鋭の研究者たちが縦横に論及する。

著者紹介

篠川 賢
1950年、神奈川県生まれ。北海道大学大学院文学研究科博士課程単位取得満期退学。博士(文学)。現在、成城大学文芸学 部教授。主な著作:『日本古代国造制の研究』(吉川弘文館、1996年)、『日本古代の王権と王統』(吉川弘文館、2001年)、『物部氏の研究』(雄山閣、2009年)など。

目次

はしがき
第一部 氏と系譜伝承
 『古屋家家譜』と紀伊国─『日本霊異記』上巻第五縁の説話との関係性を踏まえて─ (加藤謙吉)
 土師氏の系譜と伝承─野見宿禰を中心に─(溝口優樹)
 上毛野氏の形成と展開(須永 忍)
 和気清麻呂と「和氏譜」(中川久仁子) 第二部 氏の系譜と史料性  『新撰姓氏録』における氏の系譜構造(竹本 晃)
 「連公」と系譜史料(中村友一)
 『日下部家譜大綱』の諸本について(鈴木正信)
 小野氏系図小考―中央貴族の小野氏と武蔵国出身の横山党との連続性について―(榊原史子)
 系譜史料論の試み─岩瀬文庫蔵「法相宗相承血脈次第」影印・翻刻を通して(藤井由紀子)
第三部 氏と地域社会
 「既多寺知識経」と氏寺(三舟隆之)
 須恵器生産と部民制(大川原竜一)
 高麗朝臣氏の氏族的性格―二つの「高麗」をめぐる記憶の受容―(長谷部将司)
 古代東北の豪族と改賜氏姓(永田 一)
 稲置に関する一試論(堀川 徹)
 「名」と系譜―品部廃止詔の「名」―(篠川 賢)

購入者レビュー

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

ページトップへ戻る