クリックして画像を拡大
3 ワニ氏の研究

3 ワニ氏の研究

書名 : 3 ワニ氏の研究
編著者 : 加藤 謙吉
価格 : 5,400 円
初版年月日 :
ISBNコード : 9784639022817
シリーズ名 : 日本古代氏族研究叢書
在庫状況 : 在庫あり
  • 数量:
シリーズ一覧

この商品に関するお問い合わせ

体裁

22㎝/A5版上製・カバー/287頁

内容紹介

個々の氏族を中心とする視点から古代史研究を再検討する大好評シリーズ第3巻・ついに刊行!
1960年に岸俊男氏が精緻に分析して以降、ワニ氏に関する研究は岸氏の研究成果を定説にして大きな変更がなかった。本書は岸氏をはじめとする先行研究を批判的に継承しつつ、諸史料の徹底的な見直しにより、ワニ氏が血縁によらない擬制的な同族集団であったこと、その成立と発展には大王(天皇)の意向が強く働いていたことなど、まったく新しいワニ氏像を世に問う。

著者紹介

加藤 謙吉(かとう・けんきち)
1948年 三重県に生まれる
1976年 早稲田大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学
2001年 博士(文学)(早稲田大学)
現在 成城大学・中央大学兼任講師
著書 『蘇我氏と大和王権』(吉川弘文館、1983年)
『大和政権と古代氏族』(吉川弘文館、1991年)
『秦氏とその民』(白水社、1998年)
『難波吉士と西漢氏』(白水社、2001年)
『大和の豪族と渡来人』(吉川弘文館、2002年)
『大和政権とフミヒト制』(吉川弘文館、2002年)
『ワニ氏の研究』(雄山閣、2013年)
『渡来氏族の謎』(祥伝社、2017年)

目次

序   ワニ氏研究の現状とその問題点
第一章 ワニ氏のウジの構造とその特質
第二章 大和東北部のワニ系諸氏とその歴史的展開
第三章 山背・近江とその他の諸国のワニ系諸氏
第四章 ヒコイマス王・ウジノワキイラツコの系譜・伝承と継体朝の成立
総括  ワニ氏同族団組織の成立

購入者レビュー

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

その他のオススメ商品

ページトップへ戻る