クリックして画像を拡大
【4/25発売】筑紫万葉の世界 普及版

【4/25発売】筑紫万葉の世界 普及版

書名 : 【4/25発売】筑紫万葉の世界 普及版
編著者 : 林田 正男
価格 : 3,024 円
初版年月日 : 2019/5/1
ISBNコード : 9784639026488
在庫状況 : 在庫あり
  • 数量:

この商品に関するお問い合わせ

体裁

21.5cm/A5判並製・カバー/312頁

内容紹介

『令和』は筑紫万葉から生まれた!
「令和」の典拠となった「万葉集」巻五〈梅花の歌三十二首并せて序〉に関連する中西進氏の論考「万葉梅花の宴」を含む28篇。
大伴旅人や山上憶良ら筑紫(太宰府)万葉びとの心がよみがえる。

著者紹介

■編者紹介
林田正男(はやしだ まさお)
1934(昭和9)年、福岡県に生まれる。大東文化大学卒、九州大谷短期大学助教授、九州産業大学教授を歴任。2000 年「万葉集と神仙思想」で九州大学博士(文 学)。2005 年より九州産業大学名誉教授。
主な編著書
『万葉集筑紫歌群の研究』(桜楓社・1982)『万葉集筑紫歌の論』(桜楓社・1983)『万葉防人歌の諸相』(新典社・1985)『恋ひて死ぬとも 万葉集相聞の世界』(共編 雄山閣・1997)『筑紫古典文学の世界 上代・中古』(編 おうふう・1997)『筑紫古典文学の世界 中世・近世』(編 おうふう・1997)『万葉集と神仙思想』(笠間書院・1999)

目次

序 遠のみかど―筑紫万葉(犬養 孝)
大宰府・鴻臚館・観世音寺(田村圓澄)
万葉梅花の宴(中西 進)
山上憶良の思想と文学(井村哲夫)
斉明天皇の筑紫西下と万葉歌(中村 昭)
万葉集筑紫歌壇(林田正男)
報凶問歌と日本挽歌(村山 出)
嘉摩三部作(東 茂美)
筑前志賀白水郎歌(渡瀬昌忠)
神功皇后伝承と万葉歌(原田貞義)
帥老派の文学―松浦川に遊ぶ―(林田正男)
大伴旅人と吉田宜(中村 昭)
松浦佐用姫(東 茂美)
坂上郎女の筑紫下向(浅野則子)
書殿での送別歌(福田俊昭)
熊凝のためにその志を述ぶる歌(久保昭雄)
大宰府圏の歌人たち(政所賢二)
蘆城の駅家(平山城児)
貧窮問答歌のなりたち(辰巳正明)
遣新羅使と筑紫―筑紫の山々―(清原和義)
筑紫万葉の作者未詳歌(遠藤 宏)
族を喩す歌(小野 寛)
東歌・防人歌と筑紫(加藤静雄)
男子の名を古日といふに恋ふる歌(森 淳司) 好去好来の歌(橋本達雄)
万葉集を訓むための国語学(鶴 久)
万葉集と民俗学―鎮懐石の歌をめぐって―(桜井 満)
万葉歌碑探訪―志賀島・能古島―(安保博史)
万葉歌碑探訪―太宰府―(大隈和子)
あとがき(林田正男)

購入者レビュー

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

その他のオススメ商品

ページトップへ戻る